Dynamic Meditation ダイナミック瞑想

この瞑想法は現代人のためにOSHOによってデザインされた代表的な瞑想法です。世界中で多くの人々に愛され日々行われています。強烈な浄化とともにカタルシスを解放し深い瞑想の中へ入っていくことができます。

ダイナミックメディテーションは、5つのステージからなる1時間の瞑想です。それはひとりでもできますが、他の人びとといっしょに行なうと、さらにより強力でしょう。でも、これは個人的な経験なので、周りの人々のことは忘れ、目は閉じたままでいて下さい。目隠しを使うのもよいでしょう。胃は空っぽの状態で、ゆったりとした心地よい服を着て行なうのが一番です。

↑の動画は OSHO Nisarga Meditation Centerによるダイナミック瞑想のインストラクション(英語)。とてもよくできてた動画。OSHO自身の言葉もうまく散りばめられていて良い。 OSHO Nisarga Meditation Centerによるダイナミック瞑想のインストラクション。とてもよくできてた動画。

 

第1ステージ:10分間

混沌とした呼吸を鼻でします。常に吐く息を強調します。吸う息は、身体が自然に起こすでしょう。呼吸が肺の深くまでとどくようにします。できるだけ、速く、そして、深い呼吸をします。できるだけ速く、深く、さらに、速く、深く、あなたが呼吸そのものになるまで、努力します。身体が自由に動くにまかせ、その動きがさらに、エネルギーを蓄積するのを助けてくれます。エネルギーが、蓄積されて行くのを感じましょう。

第2ステージ:10分間

爆発です。投げ出す必要のあるものすべてを表現します。徹底的に狂いましょう。叫び、大声を出し、泣き、ジャンプし、震え、踊り、歌い、笑い、自分自身を発散させましょう。何も抑圧せず、身体を動かしつづけます。起こっている事を、マインドに邪魔させてはいけません。あなたは、意識的に狂い、その観照者にとどまります。

第3ステージ:10分間

両腕を高く上げたまま、「フゥッ!フゥッ!フゥッ!」というマントラを大きな声で発しながらジャンプします。踵を確実に地面に当たるようにして、声とともに、息が全部出し尽くされるよう、息を吐き出します。あなたのもっているエネルギーのすべてを投入させ、自分自身を完全に使い尽くします。

第4ステージ 15分間

突然の静止<無音>ストップがかかります。あなたが、どんな姿勢をとっていたとしても、そのとき自分がとっていた姿勢で確実に静止してください。動かずに、何もしないで。この突然の静止によって、あなたは、自分の中心へと投げ込まれます。あなたは自分自身のマインドを観るもの、観照者となります。

第5ステージ 15分間

祝祭のダンス すべてに対するあなたの感謝を表現しながら、音楽とダンスとともに、祝い喜びましょう。その活力を一日を通して持ち続けましょう。

 

 

OSHO自身がダイナミック・メディティーションについて語った講話を「MEDITATION: The First and Last Freedom 」邦訳「新瞑想法入門」(瞑想社刊)から引用して掲載しているので、もっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

 

 

↑の動画はダイナミック瞑想について集めた動画群。検索しても日本語のものはなく英語のものが中心のyoutube再生リスト。。

  1. Space OSHO

    Take Sannyas(テイク・サニヤース)
  2. マンダラ

    ようやく曼陀羅 マンダラ がネパールから入荷しました。
  3. マンダラ

    ネパールにいってきます☆
  4. Space OSHO

    Just Being ~ただあること~
  5. Space OSHO

    親父の一周忌
PAGE TOP