Space OSHO

5月18日(金) Osho クンダリーニ・メディテーション in 東京神楽坂

私たちはみんな同じ。
みんな同じように元々居た場所に還りたがっている。
一つであるところへと
。
たった一つであるところへと。

メヴラーナ・ジャラール・ウッディーン・ルーミー

We are all the same …
all the same…
longing to find our way back …
back to the One …
back to the Only One_____ !

Mevlana Jalaluddin Rumi

☆。.:*:・’゜★゜’・:*:.。.:*:・☆。.:*:・’゜★゜’・:*:.。.:*:・

瞑想を真摯にしたい人達が誰もリーダーもフォロワーというピラミッド型の関係性ではなく、参加者全員がリーダであるフラット型・ネットワーク型な環境で氣軽に、氣持ちよく、気負いなくにOSHOが現代人の為に残してくれたベーシックな瞑想法を定期的に集まって一緒に継続的にできるスペース。

そのような想いで集まって瞑想がシェアされるスペースはだんだんとエネルギーとバイブレーションがプールされ、ブッダフィールドになる。
一つであるところへと
たったひとつであるスペースへと
還っていけるようにと願い、
ささやかながら、そのようなスペースを一緒に楽しく創っていければと感じ、
このスペースもまた開放してシェアしたいと強く想います。

OSHOが現代人のためにデザインして遺してくれたOSHOアクティブ・メディテーションをあらためて基本に戻って、心地よいアットホームなスペースでただひたすらシンプルに存分に一緒に愉しんでみませんか?

一人だけだとなかなか気が進まない瞑想も何人かで集まって一緒に瞑想することで、お互いのエネルギーが共鳴して助け合い、一人では簡単に入っていくことが出来なかった意識の深みと高みに没入していくことができます。

OSHOは昔サニヤシンになるために、サニヤシン達に一つだけ守ってもらいたい約束があったと聞きます。それは毎日1時間だけ時間を取って、瞑想をする。あとは何をしてもいいから、それだけが唯一の約束で、サニヤシンになることができたという話を聞きました。

この話は1980年代東京でアナンドニケタンという瞑想センターをやっていたらしいSwami Vinodという日本人のサニヤシンの友人から自分が2002年頃鎌倉で定期的に行われていた瞑想会で聞いたように記憶します。

そしてOSHOが残した最大の遺産と貢献は彼の瞑想法で、OSHOという名前は消えても、彼の瞑想法は残るともVinodは言っていたのを微かに覚えています。
「なーんだ簡単だ。」と思ってやってみると、これが継続するのが意外に難しい。サニヤシンになってから5年、10年、15年と経ってくると、1週間に1時間やるのも難しくなってくる。色々な時期はあるのでしょうけど、そのうち智慧がついてきて、生活そのもののが瞑想だ。仕事が瞑想だ。音楽を聞くことが瞑想だ。趣味に没頭することが瞑想だ。瞑想はすることではなく、起こることだ。(笑)などと言い訳して、全くやらなくなる。

自分自身も色んな言い訳をして、瞑想をする先延ばしにしてしまった時期があるのでよく分かります。

しかしこのアクティブメディテーションなるものシンプルですが、カラダにも心にも魂にもとても効果抜群の瞑想法で実験的に1週間でも地道に毎日続けていると、瞑想法をしているときは勿論、瞑想体質になってくるというか日常生活の中でも自然と在るがままにサイレンスで深く寛ぐことが起こったり、ふとした瞬間サムシング・グレート(圧倒的な存在)の気配、お導きや愛に気づくことが起こったり、圧倒的な愛や恩寵のプレゼンス(存在)に包み込まれたり、

段々やらない方がもったいなく、損している感じになってくると言うかこの瞑想法だけちゃんと地道に真摯に続けてれば、感情解放やバイオ・エナジェティックスやセラピー等の要素が全部含まれているので、他の何も必要ないじゃんという事に気がついてくるというのが此のメディテーションのマジック、ホント面白い所だと個人的には思ってます。

どなたでもお気軽に遊びにお越しください。
All Is Welcome Here !

恩寵の光が降り注ぎ、OSHOのプレゼンスを感じ味わって頂けましたら
望外の喜びです♡☆

May all sentinent beings receive and be showed with thy infinite grace, light, and love!
すべての生きとし生けるものに汝の無限の恩寵と光と愛のシャワーが降り注ぎますように!

☆。.:*:・’゜★゜’・:*:.。.:*:・☆。.:*:・’゜★゜’・:*:.。.:*:・


この集いは 光明を得た現代の神秘家 OSHO によって現代人のために作られたアクティブ・メディテーションをこよなく愛する方または体験してみたい方のための集いです。

(※なぜ、アクティブ メディテーションの必要があるのですか?)
http://www.osho.com/ja/meditate/active-meditations/why-active-meditations

OSHO ON HIS WORK 友人たちの集い
http://spacenowhere.com/blog/spaceosho/1352/

(この集いはあくまで友人達の集いであって、いかなる宗教団体・組織とは関係ありません。)

初めての方、近郊にお住みの方、
どなたでもお気軽にご参加ください。

☆。.:*:・’゜★゜’・:*:.。.:*:・

【日時】2018年5月18日(金)

18:45 開場
19:00~20:00 OSHOアクティブメディテーションから
クンダリーニ・メディテーション

http://spacenowhere.com/blog/現代人のための瞑想法-2/kundalini-meditation/

<20:00〜20:15 サイレンス>

20:20頃 終了予定

※上記予定時間はあくまで目安です。状況に応じて若干前後します。

※休憩時間での、途中参加・途中退室可。
【場所】 Osho Nirvana Meditation Center in 東京神楽坂
東西線神楽坂駅より徒歩7分、
有楽町線江戸川橋より徒歩5分の場所です。

(詳細はお申込みを頂いた方に随時お知らせします。)

【参加費】       ドネーション制

【持ち物】飲み物・座布団・ショール・着替えなどはご自身でお持ちください。ゆったりとした身体を締め付けない服装と汗をかいた時用の着替え。床に横たわる時に敷く用に、ヨガマットお持ちの方は持参ください。

【お申し込み・お問い合わせ先】

関谷 朱桜実 Deva Fatima 090-4055-3138
divine.wisdom.fatima☆gmail.com(☆を@へ変更お願いします)

佐藤 裕也 nirdosh yaqin 080-4663-0891
himalayanowhere☆gmail.com(☆を@へ変更お願いします)

ピックアップ記事

  1. Transit in Korean now…
  2. 岡谷アジールハウスの畑に芽が出ました!
  3. I’ve just come back to Japan from…
  4. 2015/01/01 ヒマラヤ遊行庵とSpace OSHO長きに渡る冬眠から目覚…
  5. ネパール カトマンドゥーの親友・知人のご家族にテントを送る。(その1)

関連記事

  1. Space OSHO

    10月14日(日曜日) スペース・オショー

    前回もホントに素晴らしいスペースでした。ジ…

  2. Space OSHO

    OSHO Nirvana Meditation Center in 湘南藤沢

    窓からは空が見え、湘南の光が燦々と降り注ぎます。存在からの恩寵…

  3. Space OSHO

    スペースオショー:2013年8月のスケジュール

    スペースオショー 2013年 8月のスケジュール8月3…

  4. スペースオショー OSHO Nirvana Meditation Center, Fujisawa-city, Japan

    Space OSHO

    2013年3月10日(日曜日)スペース・オショー 10時から13時頃まで

    Space OSHO (スペース・オショー)前回先週の土曜日の…

  1. マンダラ

    ネパールにいってきます☆
  2. Space OSHO

    3/30(金) ハーフデイスーフィー瞑想会 in 湘南 Sufi Meditat…
  3. Space OSHO

    Take Sannyas(テイク・サニヤース)
  4. Space OSHO

    藤沢遊行寺 Yugyoji Temple in Fujisawa
  5. 写真日記

    藤沢遊行寺 Yugyoji Temple in Fujisawa
PAGE TOP