Space OSHO

Ishq- Love with total intensity

Sufis talk about two kinds of love. One they call muhabbah; it means the ordinary love, lukewarm, momentary, partial. One moment it is there, another moment it is gone. It has no depth, no intensity.

スーフィー達は二つの種類の愛について話す。
一つ目は「muhabbah ムハッヴァ」彼らが呼んでいるもので、これはいわゆる普通の愛、生温くて、一時的で、部分的な愛。ある瞬間そこにあったかと思うと、次の瞬間なくなってしまう愛だ。
その愛には深みもなく、強烈さもない。

You call it passion, but it is not passionate. It is not such a flame which can burn you. You don’t become aflame with it; it remains something under your control. You don’t become possessed by it, you don’t lose yourself in it. You remain in control.

情欲と呼んでもいいかもしれない。しかしそれは情熱的ではない。それはあなたを焼き尽くすような炎、情熱ではない。愛があなたを燃やしてはいない。 それはまだあなたのコントール下にある。あなたは愛に狂って、取りつかれてはいない。愛の中にあなた自身を失ってはいない。あなたはコントロールしてい る。

The other kind of love, the real love. the authentic love, Sufis call it ishq; ishq means love with total intensity. One is lost in it, one is possessed by it. One goes mad in it.

もうひとつ他の種類の愛、真の愛。スーフィーはそれを「ishq イシュク」と呼ぶ。
「ishq イシュク」とはすべての強烈さを伴った愛。あなたがその中に消え去ってしまうような愛。あなたがそれに取りつかれて、狂ってしまうような愛だ。

I have heard, the great Sufi Master Ruzbihan was once on the roof of his khaniqah while in a state of WAJD….

わたしはこのような話を聞いたことがある。スーフィーのマスター Ruzbihanがかつてkhaniqah(礼拝、儀式などを執り行う修道場)の屋上でWAJD(Wajd is an Urdu word, it means “ecstasy, rapture, excessive love” in English, while in Hindi it’s called as “parmanand)の状態であったときの話だ。

The khaniqah is the place where Sufis meet; it is a temple of love. It is a temple of madness, of utter rejoicing. This is a khaniqah. No other god than love is worshiped, no other prayer than love is preached. In a khaniqah, only those who are becoming aflame with love are invited, who are on the verge of madness.

khaniqahというのはスーフィ達が集う場所のことであり、それは愛の寺院であり、狂喜の寺院、(完全な)お祝いの寺院である。 khaniqahでは愛以外ほかの神は崇拝されることはない。愛以外の祈りが教えとかれることはない。愛の炎に燃えているものだけ、まさに狂喜のふちにい るものだけが、そこに招待される。

Ruzbihan was on the roof of his khaniqah while in a state of wajd.

Ruzbihanはkhaniqah(礼拝、儀式などを執り行う修道場)の屋上でWAJD(Wajd is an Urdu word, it means “ecstasy, rapture, excessive love” in English, while in Hindi it’s called as “parmanand)の状態であったときの話だ。

Wajd is a moment when you are not and God is, a moment of absolute harmony. A window opens, and you can see the whole sky, you are no more confined within the walls of your body and mind. For a moment, a lightning happens and all darkness disappears. Wajd is a momentary samadhi, a glimpse, a satori. It comes and goes. Slowly, slowly, it establishes itself.

Wajdとは
あなたが消え去ってしまったとき、
神が姿を表わす瞬間のことである。
窓がひらくとき、あなたは大空全体をみることができる。
もはやあなたの肉体とマインドの壁に閉じ込められてはいない。
こうとも言えよう、
その瞬間、稲光が起こり、すべて闇は消え失せてしまう。

Wajdとは
一時的なサマディー、一瞥、悟りである。
それはやってきては、いってしまう。
ゆっくり、とてもゆっくりと
それは自ずと落ち着いて、とどまるようになる。

But even to know God for a moment is of immense beauty and benediction. Even to know for a single moment that you are not separate from existence, that there is no ego, that all is one – La illaha ill Allah – even to know this just as a passing experience, just like a breeze that comes and is gone – by the time you become aware of it, it is no more there, but it has been there, it has refreshed you, rejuvenated, resurrected you…

しかし束の間さえ神を知るということは
とてつもなく美しく、祝福である。

あなたは存在とは別々ではなく、
エゴは一切なく、すべてはひとつである
「ラ・イラー・イル・アッラー」
ちょうどあたかも来ては去るそよ風のように
あなたが気づいた時には、もはやそこにはない
そのような一時の体験として、それを知ることであっても、
あなたは再びリフレッシュし、元気を取り戻し、甦る。

Ruzbihan was on the roof of his khaniqah in a state of wajd – in a state of oneness with existence…
… It happened that a group of young people was passing by in the alley below, playing musical instruments and singing…
They were singing:
“O heart, in the neighborhood of the Beloved there is no wailing, nor are the roof, door, or windows of her house guarded.
If you are ready to lose your soul, get up and come now, for the field is empty. ”

Ruzbihanは
存在とひとつに溶け去った状態である
wajdの状態でkhaniqahの屋上にいた。

若者達のグループが楽器を演奏して、歌いながら下の路地をちょうど通りすぎているとき、彼らはこのように歌っていた。

「ハートよ!Belovedの近所の中で、彼女の家には守る壁も、屋根も、ドアも、窓も何もない。
あなたの魂を失う準備があるなら、いま立ち上がって来なさい。その野原には何もないのだから。」

– and he was in a state of wajd, of unity, oneness, unio mystica – his ecstasy was such that he was not there in that ecstasy at all; when Ruzbihan heard this, something possessed him, something from the beyond, and he flung himself from the roof…

… whirling and turning in the air, to the ground below.

Ruzbihanは神秘的な一体感、ワンネスのwajdの状態であった。
彼の存在すべてがエクスタシーと消え去り、ひとつになってしまったかのような状態であったので、Ruzbihanがこの歌を聞いたとき、何か、自己を越えた何かが彼を乗っ取り
屋上から飛び降りてしまった。空中でクルクル回りながら、そのまま下の地面へと。

On witnessing this, the group of young people cast away their instruments, left their former ways, entered the khaniqah, and became Sufis.

この光景をみた若者たちのグループは楽器を投げ捨て、それまでの道をはなれ、khaniqahにはいり、スーフィーとなった。

What happened to that group of young people? For the first time, they saw ecstasy, wajd, love, madness for God. For the first time, they came across a man who could risk his very life. This is ishq. Ishq means you are ready to lose your life for your love. Ishq means love has become a higher value than life itself.

その若者たちのグループに何がおこったのか?
彼らははじめて神へのエクスタシー、wajd、愛、狂喜をみたのだ。
はじめて彼らは人生すべてを賭けることができる人間に偶然でくわしたのだ。

これがishqだ。

ishqとは愛のために命を失う準備があなたにはある
ということだ。

ishqとは
愛が生そのものよりも
もっと価値のあるものになったという
意味である。

Osho — The Secret

ピックアップ記事

  1. Whole Nepal will become my color 「ネパール全土…
  2. I’ve just come back to Japan from…
  3. 藤沢遊行寺 Yugyoji Temple in Fujisawa
  4. 信州 諏訪湖畔 岡谷古民家ハウス
  5. Transit in Korean now…

関連記事

  1. Space OSHO

    5/30 (火) セレブレーション&サイレンス in 東京 山の手 in TOKYO

    セレブレーション&サイレンス in 東京 山の手Dancing &…

  2. Space OSHO

    セレブレーション&サイレンス in 東京 Tokyo city

    直前のご案内になってしまいましたが、ご予定、タイミングがあえば…

  3. Space OSHO

    お茶の道_01 ( The Way Of Tea )

    今日は岡倉天心に関する動画を載せてみました。とてもよく出来た動…

  4. Space OSHO

    2018年6月2日(土)〜3日(日)Mt. Hijiri*nuur* Pre Open RETREA…

    2017年からスタートした”聖山-nuur- Project” 森の中…

  1. Space OSHO

    I’ve just come back to Japan from…
  2. マンダラ

    ようやく曼陀羅 マンダラ がネパールから入荷しました。
  3. Space OSHO

    親父の一周忌
  4. Space OSHO

    藤沢遊行寺 Yugyoji Temple in Fujisawa
  5. Space OSHO

    Just Being ~ただあること~
PAGE TOP